FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児の睡眠 - 論文抜粋

/////例えば,寝付かせて眠った,または眠りに落ちるまで親がそばにいた児は,1 人で眠りに就いた児と比べて,よく眠れない児になるリスクが生後17か月で4.6倍,29か月で2.1倍大きかった!!

それとは対照的に,児が眠りに就く自主性を期待した親の行動が,すべての年齢でよく眠れる児の特徴だった。
そのような行動の 1 例は,目を覚ましている間,児をベッドに置いておくというもの。そのような自主性への期待は,生後 5 か月のよく眠る児の43.3%,17か月のよく眠る児の76.3%,29か月のよく眠る児の74.8%で認められた。・・・なるほど!!

 母乳は美徳であるにもかかわらず,睡眠を圧縮させることも明らかにされた。例えば,生後 5 か月では児の大部分はまだ乳離れしておらず,覚醒時には授乳を欲した。
 博士らは,母乳授乳でも乳児が母乳を要求してから授乳するまでの間に,哺乳瓶を温めるのに必要な時間と同じくらいの短い時間的遅れを設けると,児を朝までうまく眠らせることができると立証した以前の研究(Tupac Pinilla,Leann L. Birch. Pediatrics 1993; 91: 436-444)に言及している。  これらも、科学的検証がもう少しほしいですね!!。
  
l育児にサイエンスをある程度盛り込む必要がありますね。もちろん、すべてが、科学的に検証される必要はありませんが、統計学的検討や、経験では・・・といった話だけで、こどもの発達に関する重要な方向性を決定するような指針は避けたいものですl

睡眠定着は30か月までに!!! 重要ですね!!

全体として,複数の研究から睡眠定着は生後30か月までに急速に進むことが明らかにされているが,今回の研究でそれが確認された。特に,研究対象とした夜間連続して 6 時間以上眠った児の比率は,生後 5 か月から17か月の間に有意に増加した一方,生後29か月までは横ばいであった。

Touchette博士らは「われわれの研究から,睡眠問題は乳幼児期に見過ごされたままだと長期化し,さらに深刻になる可能性が高くなることを確認するものだ」と述べている。不十分な睡眠または分断睡眠が学齢期前小児に与える負の影響についてはデータが不十分だが,かなりの量のデータから,夜間睡眠障害が学業,社会的適応,気質,行動の問題に与える影響が証明されている。同博士らは「睡眠時間減少と眠気との関係は,小学校入学前に始まるものかもしれない」と述べている。

この研究は,小児の適切な入眠関連事項(sleep onset associations)が発達するように,小児が眠そうだがまだ目を覚ましている間はベッドに置いておくとする推奨を支持するものである。

さらに今回の研究では,睡眠定着の発達に関係する研究対象となる数多くの生物心理・社会的因子のなかで,就寝時の親の行動や夜間覚醒に対する親の応答が最も重要であることが示されている。

同博士らが指摘するように,小児がよく眠れるならば,眠りに向かう自主性を前提とした行動を親が示すのはさほど難しくないということも理解すべきである。

スポンサーサイト

コメント


王様扱いウマーw


まさかオ ナ ホをあんな風に使ってくるとは思って無かったぞ( ̄0 ̄)w

一日経ってもまだ下半身ヒクヒクしてるし(;´▽`A

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://happywelcomemybaby.blog49.fc2.com/tb.php/39-916fc1ac

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。