FC2ブログ
2008 101234567891011121314151617181920212223242526272829302008 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠線予防クリーム

妊娠が発覚してから

風呂上り

とりあえず欠かさず続けている

妊娠線予防クリーム を塗る事

急激な身体変化に皮膚がついていかず

一生残る妊娠線が形成されてしますので

妊娠初期から妊娠線予防クリームを塗る!塗る!塗る!

塗る部位は

●臀部:おしり、特に外側

●大腿:太ももを全体的に

●腹部:膨らんでいる頂上だけでなく周囲部から

●乳房:周囲部から

徐々に膨らむ腹。

かがむ事がなかなか出来ないママのため

大腿や臀部を中心に

プレパパでがんばろう

妊娠線のあまり無いきれいな体でいてもらうためには、パパの努力も必要だ

そう思い

続けてます。

スポンサーサイト

モンスターx(個と公のバランス)

モンスターペアレンツ

モンスターペイシェント

モンスターxxx

今いろんなモンスターがたくさん居るという

自分を中心とした希望:“個”が価値の基準の全てにあり

集団の中での価値:“公”とのバランスが崩壊しているという

かく言う自分はどうだろう?

「人との関わりはとても大事です」と常に指導はしているが、人付き合いが苦手な方だ

個と公のバランスは果たしてどうか?

子を持つ親になる立場として

何が価値の基準になるのか

自分という存在を考えてしまう事がある。

***************************************************************

無理難題や理不尽な苦情を次々と保育所や幼稚園、学校に突きつける「モンスターペアレント」たち。富山市は実際に起こった事例をまとめた「保育所クレーム対応事例集」を2008年3月に発行した。そこには常軌を逸したクレームの数々が載っている。18の実例をすべて掲載する。

●子供と親の分、保育所で朝食を用意して欲しい

「仕事で忙しい親が多く、特に朝は出勤や保育所へ登所する子供の準備で忙しいので、子供の朝食と大人の朝食を用意して欲しい。食べた人が実費を支払えばいいのではないだろうか。ぜひ検討して欲しい」
「また、保育所で汚した衣類は保育所で洗濯して元通りにして返して欲しい。保育料も税金も払っているのだから当然ではないだろうかと投書箱に意見として入っていた」

●写真撮るときには、背の低い子供の並べ方に配慮して

   M男(4歳)が、節分の手作りお面を手に持ってクラスの友達と写したスナップを持ち帰った。ところが小柄なM男の隣にクラスの中で一番背の高いT男が並んで写っていたため、M男の背の低さが強調されていて「M男が背の低いことを気にしているのに、子供を並べて写真を撮るときの配慮に欠けている」と、母親から市役所へ苦情が入った。

●保育料も、教材費も、遠足のバス代も払わない

   生活に困っている様子もないのに、1年近く、遠足のバス代や、教材費の集金・保護者会費・保育料などを支払わず、お金にルーズな保護者に、しびれを切らした担任が、「集金をお願いします」と支払いを促すと、感情的になり「あの先生嫌いだ、換えて欲しい」と所長に訴えてきた。

●会社に遅刻するからオムツ替えは保育所でやって

   生後9カ月の子供が、保育所に向かう車の中で大便をした。車の中でのオムツの交換は危険。保育所に着いてから母親自身が取り換えると会社に遅刻しかねない。「保育士がいるのに、なぜ保護者がオムツを交換しなくてはならないのか」

   さらに、「ある朝、時間がないことを保育士に伝えたら、みなさん、オムツ換えをしていかれるんですけど・・・と言われた。オムツの取換えのために会社を遅刻し、処分を受けた場合には、市や保育所に賠償をもとめることができるのか、また、遅刻証明書など法的に効力を持つ証明書の発行ができるのか」と連絡帳に書かれていた。

●水筒に名前入れると「ネットオークションに出せなくなった。弁償して」

   遠足当日の出発前に、A児(5歳)の水筒に記名がなかったので、保育士が急いで水筒の下のほうに油性マジックで小さく名前を書いて出かけた。

   翌日、保護者から「あの水筒は、東京にしか売っていないブランド品だった。この後、インターネットオークションにかければ、よい値で売れる商品だったのに、名前を書かれては出品できない。弁償してもらう」という電話があった。

   所長が担当者と共に、水筒に無断で記名したことを詫び、「マジック消しで消すなど対処をさせて欲しい」とお願いしたが、「そのようなことをしても、汚れてしまったものは商品にならないし販売予定額もオークションにかけてみなければわからない」と不機嫌な返事だった。所持品について保育所の考え方を話したが、「A児は、自分のものはよくわかっているから名前を書く必要はありません」と言い、理解してもらえなかった。ブランド名・販売店については「当時の店はなくなり、入手方法はありません」との返事だった。

●被害妄想の強い母親「保育士がうちの子を後ろから突き倒した」

   ある日の登所時、園舎の玄関前に乗り入れた車が母親の所有者かを確認し、送迎時の車の駐車は園児の安全上、園庭フェンス側に縦列駐車の協力をお願いした。これが発端となり、以来「保育士がうちの子を後ろから突き倒した」「脇腹に長く爪の痕があってびっくりした」「お昼寝しないで友達と2人で遊んでいて先生に叱られ、首をチョップで叩かれたらしいですね」など、事あるごとに、母親の思い込みによる保育所や保育士への不満を訴えるようになった。ある時、「持ち帰った写真が傷だらけ(一般的には傷とは判別しにくいもの)になっていた。そんな写真は、気持ちが悪いので取り替えてもらいたい」と言ってきた。

●夜遅くまで起きているのは、保育所のせい

   1歳の誕生日を迎えた女児の母親が、「夜なかなか寝ず遅くまで起きているのは、保育所で好きなだけ寝かせているからではないか」と言ってきた。担任は、午睡の長さや時間帯、日中の休息の必要性などを説明したが、なかなか理解してもらえず、「夜早く寝かせたいので、午睡時間は1時間にして欲しい」と要望してきた。その後、保育所では、女児が熟睡していても、起すことにした。

   数日後、起されている時の不機嫌な女児の様子を母親に伝えると、母親は「午睡時間を短くしてもらっても、子供が夜遅くまで起きている。夜遅くまで子供に付き合っていると、働いている自分の体が休まらないので、保育所での午睡はなくして欲しい」と言う。

●「なんで救急車呼ばんかったか!」父親が怒鳴り込む

   A子(5歳)が、ズックが脱げかかりその拍子にころんで机の角にぶつかり、眉の横を切った。その日は新しい大きいサイズのズック(ぶかぶかであった)に替わったばかりだった。母親に怪我の状態を連絡し、希望の病院へ職員が連れて行き、母親にも直接病院に来てもらう。2針縫う処置だった。

   翌日に父親が「なんで救急車呼ばんかったか!」と怒鳴り込んでくる。

   「頭の中に傷が残ったらどうする。MRIを撮れ!」などと電話や直接来所して大きな声で脅すように言うので担当医師と面談してもらった。医師に対しても「傷が残ったらどうしてくれるんだ」と怒鳴った。保育所に対しては「●月●日まで文書で回答せよ」と迫る。

   女性ばかりの職場であるので大きな声で怒鳴られると職員も怯え、ますます要求がエスカレートしてきた。

●「牛乳はよくない。冷たいジュースも」給食食材に異常な要望

   育児休暇明けで入所したS男は、核家族で、母親は不規則勤務を伴う看護職。父親の育児参加不足に不満を持ちながら育児不安を抱えている。S男の皮膚のカサツキや発赤が気になり、水分補給や軟膏塗布など、入所時に母親から入念な要望があった。

   入所と同時に、1歳児になったS男だが、整腸機能がすぐれない日が多いことを母親は異常なほどに気にしている。そのため、家ではあわ・ひえ入り玄米を2時間かけて炊飯しているとのことである。また、食物アレルギー(卵・小麦)もある。

   一方、S男の成長に伴い摂取する食品数が増えてくるにつれて、食品に対する母の不安が増し、母親の自己判断で、「牛乳はよくない、代替として市販の豆乳を持参するので、それを飲ませて欲しい」「冷たいジュースは下痢になるので、常温に戻して飲用させてくれ」など、保育所に対しての要望が多くなり、保育所で対応できる範囲を超えるようになった。

●ケガしたら弁護士に相談

   保護者から連絡帳に「登所時、保育士が他の子を抱いていて、A男(1歳)が非常口を出入りしているのに気がつかないでいる。ケガでもしたら弁護士に相談するつもりです」と書かれていた。

●ブランド品の下着、「名前は入れたくない」

   3歳児のA子が午睡時おねしょをしたので、汚れた下着は水洗いし、袋に入れておいた。延長保育を終え、帰る時、通園かばんの横に置いてあった袋がなくなっていた。その日は誰か間違って持って行ったかもしれないと謝り、明日探しますと伝えた。次の日、同じような時間に迎えにくる保護者に聞いたり、保育所のいろんな所を探したが見つからなかった。そのことをA子の母親に伝えて謝り、引き続き探すことを伝えてところ「我が子の着ている物はブランド品で高価なんです。どうしてくれるんですか。今までも何度か物がなくなったことがあるが、保育士が探すと言っても出てきた例がない」と強い口調が返ってきた。

   日頃から、保育所は集団生活なんで持ち物には名前を書いて欲しいと何度も伝えていたが、「高価な物だから名前は書きたくないし、名札もつけたくない。それに名前を書いてしまったら、後で売れないからいやだ」と拒否されていた。

●前に病院でもらった薬を飲ませて欲しい

   A子(3歳)の母が風邪薬を持参し、昼食後にA子に飲ませて欲しいと申し出る。薬は約1カ月半前のものであり、また、いつ・どこの病院でもらった薬であるか確認すると、以前同じような風邪の時に処方してもらった薬であるとのことだった。

   今回の風邪では受診していないとのことだったので、薬の処方については医師の指示を受けて欲しいと依頼する。すると、母親は「前と同じ風邪の症状であり自分の判断で薬の服用を頼んでいるのに、なぜ飲ませてもらえないのか」と声を荒立て強く訴える。保育所で薬を与える場合には、医師の指示などを記載した「くすり連絡票」を提出してもらい、その内容に従い保育士が保護者に代わって薬を与えることを話し、理解を求めたが、なかなか理解してもらえない。

●「アレルゲン食品を与えたのではないか」と邪推

   食物アレルギー疾患(乳製品)の3歳児の母親から、「帰宅後腹部と背中に発疹があったので病院へ行こうと思っているが、給食での状況はどうだったか、乳製品を食べさせたのではないか」と、電話で立腹した口調で、問い合わせがあった。

   調理員、担当保育士に下記の事項を確認し、母親に伝えた。

・調理過程・盛り付け時に除去は確実に行われていたか。
・担当保育士は、間違いなく専用の食事を配膳したか、また他の子のものを間違って食べたかどうか確認をすることができるか。
・おやつの食品分析表を確認していたか。

   一方、保育士は朝一番のオムツ換えの折に、腹部と背中の一部に赤い発疹を認めており、昨日一昨日の週末にできたあせもだろうと思っていたが、保護者はこのことにはあまり触れず、病院での受診結果を聞かせてくれるよう依頼した。

●家まで来て謝罪しろ!

   保育室の片付け・清掃活動の時間帯に5歳男児が、遊具棚にぶつかり、歯茎から血がにじみ歯にぐらつきが生じたので、母親の了解のもと嘱託歯科医で受診した。医師は「以前にも打撲している歯なので、少しぐらつきがあり、再度ぶつけると折れる恐れはあるが、永久歯への影響はない」と診断した。そのことを保護者に伝えると、母親は納得してくれたものの父親は、「血が出て痛い思いをした子の家へ謝罪に来ないのか」と立腹する。「教員の姉は、学校で怪我をした場合、謝罪のため家庭訪問をすると言っていた」など、不満を言う。父親が嘱託医の対応には不信感を抱いているようなので、矯正小児歯科医への受診を勧め、所長も付き添い受診する。

●「うちの子供が嘘をつくわけがない」と保育士解雇を要求

   C子(2歳)の母親から「うちのC子に対して、担任のB保育士が『ブサイク!』と言うとはどういうことですか?家に帰ってC子が私に言いました」と相当な剣幕で苦情を告げてきた。B保育士に確認したところ、当然ながら、そのような事を言ったことはないとのことだったので、その旨を丁寧に説明したが、「うちのC子が嘘をつくわけがない。こんな担当ではうちのC子がかわいそうだから換えて欲しい」と要求された。また、次々と保育士の対応の悪さを取り上げ、そのたびごとに保育所玄関先などで声高に抗議し、子供を欠席させている。現在では、子供を退所させると息まき、B保育士を辞職させるよう求めている。

●母親の精神不安定、「保育所側のせい」

   ある時、C子の父が勤務先から帰ると、母親が泣いていた。事情を聞くと、我が子が同じクラスのB子の手を噛んだことを担任の保育士から聞かされた。母は謝ろうと思い、B子の家に電話をすると、なぜか、既に相手は誰に噛まれたかを知っていた。幸い「気にしないで・・・」と言われたのだが、その保護者とは、今まで仲良くしていた相手なので、それ以来気に病んでいる。

   父親は、「我が子も噛まれたことはあるのに、謝ってもらったことも、誰に噛まれたかも教えてもらっていない。人によって保育所側の対応が違う。母親の精神状態が不安定のままよくならなかったら、保育所のせいなので、●●に知った人がいるからそこに市と保育施設を訴えたい」と言った。

●保育所でシラミもらったに違いないと信じ込む

   4歳女児がまつ毛にシラミの卵があったことを知って、その母親が、「これは、きっと保育所で誰かにうつされたに決まっている!」と保育所に訴えてきた。そのとき、以前から、時々保育所で小さいケガをしていることが多いとして、そのことも同時に訴えてきた。

●我が子が友達からいじめられている!

「A子が腕に傷を負ってきた。同年齢のB男に、時々、何もしないのに引っかかれたりいやなことをされるので、『こわい』と言っている。進級の時にクラスを替えてほしい。それまでは、保育所を休ませたい。要望が受け容れられないなら、転所も考えたい」

   保育士はA子が休んだきりで怪我の状況も確かめようもなく、とにかくB男の生活や友達関係を注意していくようにし、そのことを保護者にも伝え、A子を登所させて欲しい旨を話したが、下の子は登所させるものの「A子は休ませる、元気でやっているから心配しないで欲しい」と言われる。

 

2008-4-12 JCastニュース

父子手帳!

母子手帳をもらいに行った

20081114母子手帳(マスク).JPG

自分の母子手帳の存在を知らないので、なるほど母子手帳とはこんな物かと見ていた





あわせて

父子手帳ももらった

20081114父子手帳(マスク).JPG

父親になる。事を実感できる貴重な物

がんばるぞ

セーフ。2回目の検診

20081114胎児エコー(7w2d).JPG

2回目の検診

受診前は、 最近の状態から

「切迫流産」の診断がつけられるだろう・・・

そう思っていた。



行きの車中で、もしそうだったらどうしよう・・・と

入院の選択肢は考えていなかった

どんな事でも10年間二人で乗り越えてきた

自宅での絶対安静をどう過ごしてもらうか

食事の準備は1週間分・・・とか

掃除は最低限にして・・・とか

そう。考えていた





結果は安心できた

最高に危険な状態は脱していると

胎芽はある程度、順調であること

出血は、内診時についた傷が原因の可能性が高い・・・と



入院するんじゃないかって思ってたから、本当に良かった

無理をしない程度の日常生活も過ごして良い・・・と

ただ、状況的には今後のリスクの高まりに注意しないと・・・診れない

次出血して別の要素が考えられるようだったら・・・ 診れない





いずれにせよ。

良かった。

最高に悪い状態ではなく

本当に良かった。





今日もお父さんはエコー見られず

話を聞けば

しっかりと動いていたのを確認した・・・と

10mm程度に育った

たまちゃん(僕の中では娘希望)が

このまま無事育つように



妻よ。

無理をせず頑張ってくれぃ

僕も出来る事。頑張るよ。

 

ただし。なるべく横になるように 

ジプシー妊婦

今日は2回目の検診

妻と一緒に行った

初診時の地域医療機関に対する不安(常勤医不在:出張医対応。妻の担当が医師2年目の研修医など)から

隣町の医療機関を模索した

map2.JPG

A:住んでる街

B:今日受診した医療機関

C:リスクが高いと判断された時の医療機関

D:最初ここで出産を検討していた地域

当初Dの医療機関を受診しようとしていたが

通常で90分弱。冬期で120分。吹雪けば軽くオーバーする

町の規模も大きいので、目的の医療機関まで渋滞する予測もあり・・・

義姉からの情報もありBの医療機関に対応の良きDrが居るとの事で受診した

ここまでなら通常なら40分でつく

そんなに大きい町ではないので渋滞の予測もある程度つく

対応の良い先生だったらな。と一縷の望みで受診する





が。

看護師の問診時・・・

「来年4月から分娩しているかどうか・・・」

「先生一人体制で色々と・・・」

と・・・





探してきたのにとても不安な展開に

とりあえず受診。

結果的には

自分の評判を聞いてくれた遠路はるばる受診した患者

無下に拒否はしない・・・と

ただし

いくつかの不安要素が増えれば、

一人体制の中では受けきれず

Cの医療機関に行ってもらいます

でも、特に問題がなければ、僕が最後まで診ます。と



不安なような・・・

安心したような・・・





福島県大野病院の事件を機に

産婦人科が集約されていると聞く

今回のBにおいても、 それがあったから・・・とNsは言った





子を持とうとする親の立場として、母子ともの安全の確保

医療などの手術に対する100%は無いという事実の理解

難しい問題だけど

何でも良いから

とにかく。

地元で

安心して

医療機関に対しての不安がなく

出産できる国にして欲しい

そう願う





ある医師のブログの記事に下記のような事が書かれていたので引用する

*************************************************************

2008. 11. 13

私が二階経産相発言に憤りを感じなかった理由

 妊婦救急搬送受け入れ“拒否”(私はいつも受け入れ“不能”とメディアの方には説明しているのですが)の問題で、二階俊博・経済産業大臣が「入院受け入れ不可は医師のモラルの問題」と発言したことが報道されました。ほとんどの医療関係者は、既に日本の医療現場が、モラルの問題で解決できる一線を越えていることを肌で感じていますから、二階大臣の発言に驚きや怒りを感じている人が少なくないのではないでしょうか。

 早速、全国医師連盟の抗議声明をはじめとして、日本医師会、周産期医療の崩壊をくい止める会茨城県産婦人科医会など、医療界から幅広く抗議の声が上がっています。患者団体である兵庫県立柏原病院の小児科を守る会も、今回の二階大臣の発言に強く抗議しています。

 しかし私は、今回の発言に対して少しも驚きや憤りを感じませんでした。「二階大臣もまた、医療現場の実態を把握されていないのだ…」というのが率直な感想です。私は今まで、所属政党を問わず多くの政治家の方々に医療問題を説明してきましたが、ほとんどの方は医療崩壊の真の構図をご存じありませんでした。それは、お上(行政)による情報操作のためにほかなりません。

 このブログでも繰り返し解説してきたように、日本政府は1980年代から医療費抑制のために医師養成数を抑制してきました。このため、今や日本は世界一の高齢化社会にもかかわらず、先進国最低の医療費と最小の医師数による医療を提供しなければならない国になってしまいました。

 しかし、行政はずっと「医師不足は偏在が問題、日本の医療費は無駄が多い」という情報操作を繰り返してきました。その行政にレクチャーを受けるのですから、政治家のほとんどの方が、問題の所在を見誤っているのも仕方がありません。そしてその情報操作は、経済界やメディア、そして大変残念なことに医療界の実力者にさえ深く浸透しています。正直に言うと、この情報操作の構図が、私の活動の中で大変高いハードルとなっており、一番悩んでいるところでもあります。

(中略)

今回の都立墨東病院や杏林大学病院の妊産婦受け入れ問題も、単に医師のモラルや、連絡網をIT化すれば解決するというレベルの問題ではありません。このブログへのご意見にもありますが、私も、医師を増やせばすべての問題が解決するわけではないということは十分承知しています。しかし、医師不足と、長年断行されてきた医療費削減に対する反対意見を、現場からあきらめずに訴えていかなければ、現在の医療崩壊は加速するばかりです。このままでは、目前に控えた団塊の世代の高齢化によって、大量の医療難民が発生することは間違いありません。

日経メディカル オンライン

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/honda/200811/508536.html

かける言葉の難しさ

つわりってひどい物だと思う

つわりの明確なメカニズムもはっきりとは解明されていない
症状も多種多様

妻の場合は

食べたいものが食べれない
好きだった食べ物の匂いに敏感になる
胸焼け
体のだるさ
眠気
食欲不振
痛み
・・・


こんなに一気な体の変化というのは
本当にしんどいと思う


傍で見ている者として
何が出来るかというと
正直何も出来ない・・・でいる
出来る範囲で家事を手伝う
ぐらいは出来る
やれる事はなんでもやる

でも
十分頑張っている妻に対して
なんと伝えよう

「大丈夫?」

大丈夫!な訳ないし・・・


「頑張って」
って十分頑張ってるだろうし・・・


「無理しないで」


言葉って難しい


早く状態が落ち着いてくれる事を
祈るばかり

6w4d。出血・・・

11月9日(日) 6w4d
妻が夕方から不調のため寝込んでいた

腹痛、ひどい寒気、体のだるさを訴えながら

しばらく寝続ける


さぁ風呂に入って寝ようと準備をし

トイレから帰るなり出血を確認したと


あわてる二人
泣き出す妻
冷静さを装いながら声が上ずる僕

前回の受診の件もあり、戸惑いもあったが
まだ新しい産婦人科にかかっていない事と
緊急性を感じ
地元の市立病院に電話し

救急対応
時間は21:30


車の中では落ち着かない妻の横で
僕は言葉が出ない


幸い初診時の研修医ではなく
ベテラン風の出張医

妻は
流れていたら・・・
あの時○○したからだ・・・
こんな不安な病院で手術になってしまったら・・・
手術の確立が不確かである・・・もし手術だったら・・・
いろんな事があふれ出すが

何一つ応えられない。
不甲斐ない


診察中

待つのが辛かった

なぜ?
どうして?
どう、考えても答えが出ない
待つしかなかった


人は精神的限界が近づくと
吐いてしまうんだ
という事がわかった
実際に吐かなかったけど
すぐ目の前に設備があったら
きっと吐いてたと思う

胃が痛い・・・
今年夏に胃痛で胃カメラ飲んでるし
最近痛くなかったんだけど・・・
痛い


待つって長い

診察室の扉が開くと

泣きじゃくる妻

言葉になってないし・・・


看護師さんが
「大丈夫ですよ
 心拍も確認しましたし
 何でもないですよ」と


『えっ?』

「だ・ぃ・・ぢょーぶ。だって・・・」
言葉になってないし・・・

一通り説明をしてもらい
即安静対応


本当に良かった。

期せずして心拍の確認

だいぶ大きくなってますよとの事も


本当に良かった。

home - 木山祐策

子供が出来る前から聞いていた曲

あぁ~良い歌だなぁって思ってたけど

自分がパパになると思って聞いたら涙が出た

歌詞

他に良い曲が無いか探してみよう

ママの気持ち理解のための教科書

父親はどんなになっても

母親の育てと産みの苦しみはわからない

妻から渡されたのは漫画本

これは良い教科書だ

知らない事は不安だ

いろんな形の出産がある事を知る事が理解の一歩に


誕生月・・・

今日はとんでも無い吹雪!

DSC_0355.jpg

 

子供を迎えるとしたら
誕生月はいつがいいか・・・?

これって
結構悩む

ある情報によれば
4月生まれが有利だから・・・と
4月1日には生まずにがんばる!お母さんがいるとか

 

僕的には
何月生まれでもそんなに大きな事でない

ただ
12月~2・3月に生むのだけは避けたいと・・・


今日は大荒れの猛吹雪
天気予報によれば
局地的に20cmも積もる場所も・・・

前にも書いたけど
市内の市立病院での対応は残念そのもの

近くの中核都市!
と思っても
すぐ。の距離じゃない

もしも臨月が
冬真っ只中だったら・・・

想像しただけで恐ろしい・・・


仮に2月
視界数mの猛吹雪が一ヶ月のうち半分
夏場で1時間ちょっとかかる道

きっと制限速度は
高速で40km

2時間で着くか・・・


都市部では
産婦人科選びが可能で
自宅出産や多様な出産スタイルも選択可能
祝い膳を基準に
産婦人科を選ぶことも出来る


でも
地方って・・・

なかなか
難しい

 

安心して
子供が持てる!
そんな国にしていかないと
日本は駄目になると思う

妊娠確定

11/4市内の市立病院に受診した

胎嚢確認

妊娠成立を確認した・・・

良かった・・・

ただ、すこぶる順調ではなさそうなので

小まめな経過を見る必要がある事確認

今まで以上にしっかりしないと

20081104胎児エコー(5w6d).jpg

ちゃんと順調に育ってよ。待ってるからね

 

がっかりな産婦人科医

産院選びは必要だなと痛感した

すんでいる市には産婦人科の選択肢はない

市立病院で医大などからの出張医に頼る地方都市

近隣の産婦人科がたくさんある中核都市までは60分以上

 

診察をしたのは研修医2年目

医師免許は持ってるだろうけど

人として・・・どうなんだろう?

発言が心無い!

内診、エコー検査後の受診に立ち会ったので夫としての実感

 

「4週か・・・5週

 うん。5週ですね」

「ただこの時期110%流産しますから・・・」

 

妻“眠れないんですけど”

「じゃあお薬出しておきます」

妻“薬大丈夫ですか?

 タバコとかお酒もだめなんですよね?”

 

「この薬(マイスリー)は大丈夫ですよ

 8週目からがね・・・

 でもタバコとお酒はだめです!」

 

話の出だしは流産から

リスクを伝えるのは必要だけど・・・

なぜ”おめでとう” “おめでた”の一言が言えないのかな?

薬が良くて、タバコとお酒が厳禁?

薬がまずいんでしょ・・・

8週目からだけ気をつけるの・・・?

 

一応夫婦ともに医療職

それなりに知識あって

確認の意味で聞くことが多いけど

なんだろう。このDr

 

しかもこの研修医

「産婦人科になりたいです」って言ってたのを知ってるだけに・・・

こんな人に

取り上げられるのはまっぴらごめん

次回からの検診

1時間かかっても良いから

近隣の安心できる産婦人科を早く見つけて

受診することにしよう

 

なんかうれしい!確定日だったのに

夫婦ともとてもブルーになる日だった

妊婦と眠剤(マイスリー)

妊婦と薬剤、特に眠剤について、

時々見ている精神科医のブログに興味深い記事があったので転載します

出展:Kyupinの日記 気が向けば更新(精神科医のブログ)

*************************************************************

マイスリーと妊娠
日本で発売されているすべての睡眠薬の中で、マイスリーのみFDAの催奇形性リスクがBとなっている。マイスリー以外の睡眠薬は軒並みDまたはXとなっており、催奇形性に関しては、マイスリーが睡眠薬のかなでは最も安全性が高いと評価されているのである。(あくまで相対的なものであるが)

【B】
動物生殖試験では胎仔への危険性は否定されているが、人、妊婦での対照試験は実施されていないもの。あるいは、動物生殖試験で有害な作用(または出生数の低下)が証明されているが、ヒトでの妊娠期3ヵ月の対照試験では実証されていない、またその後の妊娠期間でも危険であるという証拠はないもの。

【D】
人の胎児に明らかに危険であるという証拠があるが、危険であっても、妊婦への使用による利益が容認されるもの(例えば、生命が危険にさらされているとき、または重篤な疾病で安全な薬剤が使用できないとき、あるいは効果がないとき、その薬剤をどうしても使用する必要がある場合)。

【X】
動物または人での試験で胎児異常が証明されている場合、あるいは人での使用経験上胎児への危険性の証拠がある場合、またはその両方の場合で、この薬剤を妊婦に使用することは、他のどんな利益よりも明らかに危険性の方が大きいもの。ここに分類される薬剤は、妊婦または妊娠する可能性のある婦人には禁忌である。

ロヒプノール       D(?)
ハルシオン        X
ドラール         X
ユーロジン        X
デパス           (不明)
アモバン        (不明)
マイスリー        B
ベノジール        X
ドルミカム        D
フェノバール       D
ベゲタミンA及びB   (不明)
ブロバリン        D
イソミタール       D
ラボナ          D
セルシン         D
ワイパックス       D
ソラナックス       D
バランス         D
メンドン         D
アタラックス       C
リボトリール       D
トリプタノール      D
ルジオミール       B
レスリン         D
ノリトレン        D(?)
アモキサン        C
デプロメール       C
コントミン         C
レボトミン         C
セロクエル        C
リスパダール      C
酒(エタノール)     D


上のほうでは、正式な睡眠薬が挙げてあるが、デパスなどはアメリカでは未発売なので評価は不明。ベゲタミンAまたはBは、たぶんDくらいになるのであろうが、合剤というのがマイナスなのでXといえるしれない。ものによっては今の評価がなく過去の評価を引っ張って来たのもあり、やや不正確であることを了承してほしい。

真ん中以下は、時には眠剤的に処方されうるものを挙げている。ベンゾジアゼピンは軒並み良くはない。一般に、ベンゾジアゼピンは口蓋裂などに関係があると言われている。

古いタイプでしかも眠い抗うつ剤では、ルジオミールがBであることが特筆される。つまり抗うつ剤で眠ろうとするなら、催奇形性を考慮するならレスリンよりルジオミールの方がより安全性が高いのである。

マイスリーを含め、眠剤は日本の添付書類ではバカの1つ覚えのように、「治療上の有益性が危険を上回ると判断される場合にのみ投与すること」となっているが、なぜかアタラックスだけは禁忌である。FDAではCとなっているのは謎だ。

マイスリーは、母親が服用しても胎児に移行が少ないらしい。また母乳への移行も少ないという(いずれも動物実験の話)。そういうこともあり、婦人科のドクターは不眠の妊婦または妊娠の可能性のある女性にはマイスリーを処方する。

(中略)

このエントリの薬剤評価について(うっかりの誤植も含め)一切の責任を負いません。

妊婦とカフェイン

妊婦とカフェインの関係は・・・?

調べてみました↓

 

カフェインは、コーヒー、紅茶、ココア、コーラなどの飲料に含まれたり、頭痛薬、風邪薬などに含まれたり、日常生活でポピュラーな薬剤です。

適度なコーヒー、紅茶などの摂取はストレスを和らげ、妊娠にとって有害どころかむしろ有効です。

しかし、カフェインは催奇形因子と特定されているわけではありませんが、中枢興奮薬であるために、母親の過剰なカフェイン摂取は胎児にとって安全であるという保証はありません。

『カフェインとは?』

カフェインはキサンチンのメチル誘導体であり、以下の構造式です。

大脳皮質や延髄を興奮させ中枢機能や循環機能の亢進を起こします。カフェインはコーヒー、茶(紅茶、日本茶など)、ココア、コーラなど嗜好品として最も用いられる中枢興奮薬です。

また、頭痛薬や風邪薬に配合され、医薬品としても用いられます。

『カフェインの薬理作用』

1、中枢神経系
大脳皮質および延髄中枢の興奮を起こします。常用量で覚醒、不穏、精神緊張を生じ、知覚および運動機能が高められます。

眠気や疲労を除去するとともに運動機能を高めます。

2、骨格筋
疲労感の減退、活動性増大が起こるほか、骨格筋に直接作用して筋肉の収縮を増強する。

3、心筋・平滑筋
心筋に直接作用し、心筋興奮作用、すなわち収縮増加、拍出量増加をきたします。

平滑筋に関しては末梢血管拡張や気管支筋弛緩作用がみられます。

4、利尿作用
腎臓の血管をを拡張することによって、血流量が増加し、尿の生成が増加します。


5、胃酸分泌亢進
胃酸分泌を促進し、胃潰瘍の発生を促すことがあります。

『カフェインの副作用』

カフェインを過剰に投与されると、副作用として、不眠、不穏、精神興奮、感覚障害、骨格筋緊張、振戦、頻脈、呼吸促進がみられます。

極端に大量投与されると痙攣で死亡します。

コーヒー、紅茶などを極端に過剰に摂取するとカフェインの副作用が認められますが、死亡することは一般的ではありません。

カフェインに強い依存性はありませんが、軽度の習慣性が認められます。カフェイン中毒と呼ばれている症状は上記の副作用を意味しています。

『胎児とカフェイン』

カフェインの構造式は上記に示していますが、分子量が小さいために容易に胎盤を通過し、胎児に移行します。

そのために母親と胎児の血液中のカフェインの濃度は同じになります。

その結果、母親が過剰にカフェインを摂取すると胎児も過剰にカフェインを摂取することになります。

ところが、胎児のカフェインを排泄する能力は母親と比較して未熟であるために、カフェインを排泄することが出来ずに胎児の体内に蓄積されることになります。

従って、毎日連続して大量のコーヒー、紅茶を飲み続けると胎児の体内にカフェインが蓄積される可能性があります。

胎児に過剰のカフェインが蓄積されると、生まれてきた赤ちゃんに上記の副作用が認められることがあります。

具体的にはいらいらや落ち着きがないといった症状がでることがあります。

『カフェインの安全許容限界』

コーヒー、紅茶などの過剰摂取による胎児のカフェインの過剰摂取は決して好ましいことではありません。

そのためにはコーヒー、紅茶などの摂取量の明確な基準(安全許容限界)があれば好都合ですが、そのような基準は設定されていません。

このような基準が設定されていないのはアルコールなどの場合も同様です。

しかし、安全許容限界が設定されていないと言っても、常識範囲内のコーヒー、紅茶は全く問題ありません。

常識範囲内とは食後のコーヒーなどを意味し、1日に数杯ならば全く問題ありません。飲み過ぎに注意さえすれば良い問題です。

『コーヒー、紅茶の利点』

コーヒー、紅茶などの嗜好品は、その香りだけでも、心を和らげ、ほっとさせる作用があります。

このようなストレスを和らげる作用があるために、妊娠したからといっても、コーヒー、紅茶などをやめる必要はありません。

妊娠経過が良好であっても、妊娠自体がストレスの原因になります。ゆったりとした妊娠生活のためにコーヒー、紅茶を楽しんで下さい。

ブログパーツ

Welcome Baby なブログパーツがあったので紹介

海外サイト:babystrology

ブログパーツ’.JPG

使い方

・Your name: に自分のなまえ

・# of babies: に胎児数

・First day of your last menstual period: に最終月経開始日  もしくは
・Baby's due date: に出産予定日

をそれぞれ入力し

下段

Copy & paste tha HTML code below: よりコードをぞれぞれのブログパーツに貼り付ける

 

 

胎児名

胎児名をつけることにしました

生まれてくるまで実感のないプレパパには、せめて命名することでの愛着って増えると思う

そういう儀式って大事だと思う

「タマちゃん」にします

タマゴのタマちゃん

妻には不評です

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。